総合的にかかる費用

ホームページ制作業者の初期費用の内訳

ホームページ制作を業者に依頼する場合、実際にどのくらいの費用が発生するのでしょうか。まず初期費用の内訳をチェックしてみると、トップページ制作費や下層ページ制作費、レンタルサーバー代、ドメイン取得代行費、SEO対策費などの種類があります。ホームページ制作を請け負う中小企業の場合、トップページの制作で10万円、下層ページの制作で3万円程度が相場になっているようです。ただし、この料金設定は会社によって大きく異なるケースもあり、様々な企業の料金体系をチェックした上で比較検討することが重要だと言えます。その他、ドメイン取得代行費やレンタルサーバー設置の初期費用として、3万円程度の費用がかかります。このような初期費用の総額は、30万円ぐらいは見込んでおいた方が良いでしょう。

運用費や更新費も考慮しておくことが大切

ホームページ制作を業者に依頼する時、忘れがちなのが運用費や更新費です。良質なホームページを運営し続けるためには、定期的な更新や新しいページの作成を心がける必要があります。もしこの種の作業を業者に依頼する場合、新たな費用が発生します。更新1回あたりどのくらいの費用がかかるのか、また新たに1ページ追加する場合はどの程度の費用なのかも、事前に確認しておいた方が良いでしょう。また、ドメイン代とレンタルサーバー代は、1年毎に費用が発生するケースがほどんどです。この2つの年額についても、予めチェックしておく必要があります。1年間の運用費や更新費については、最低でも10万円程度を見込んでおいた方が良いでしょう。