独自ドメインとレンタルサーバー

独自ドメインとはどんなものなのか

ドメインはインターネット上でホームページを公開するときに必要なものです。プロトコルとドメインで構成されるのがホームページアドレスです。これはインターネット上の住所の役割を持つもので同一のドメインはありません。基本的にドメインにはサービスを無償で提供しているものがあるので知っておくといいです。こちらはアカウント1つに対してサーバーのドメインが1つ割り当てられます。ユーザーがレンタルをして使うものが一般的ですが、独自ドメインはユーザーが所有するものです。 自由なドメイン名に設定する事ができるのでレンタルドメインのように長いアドレスにならないのがメリットと言えます。これによりアドレスを覚えてもらいやすいのが強みです。

サーバーはホームページ公開に必須

ネット上にホームページを公開するときにはサーバーを使います。URLやホームページスペースをサーバー運営元からレンタルするのが特徴です。サーバー内には多くのホームページが配置されていて利用者はサーバーに信号を送り、対応するホームページを自分のパソコンの画面に表示します。その際必要になるのがドメイン名で、これは住所に該当するものです。無料のものもありますが中には有料で利用するサーバーも用意されています。セキュリティや使える容量に違いがあるのですが、基本的に有料のほうが大容量です。

サーバーの能力は本体のCPUやメモリとストレージにより決定、スペックが高いほどスムーズに処理できます。またサーバーにより料金が変化するのが特徴です。