プログラミング言語

ホームページを作る上で必要不可欠なプログラミング言語とは?

自分でホームページを作成する場合に必要となるのがプログラミング言語です。プログラミング言語があれば、ホームページのレイアウトやデザインを自由に調整できたり、ポップアップを表示できたりと、あらゆることが自在に行えるようになります。
ホームページを作るために覚えておくべきプログラミング言語は、HTMLとCSS、そしてJavaScriptです。特にHTMLとCSSは、そこそこ使えるようにならないとホームページ制作もままなりません。
最も一般的なマークアップ言語はHTMLです。ブラウザで閲覧できるWebページの大半がこのHTMLによって作成されているため、ホームページ作成には必須のプログラミング言語となります。
ただHTMLのみだと少々味気ないので、CSSを使ってホームページをデザインします。これはスタイルシートといって、Webページを見やすくて洗練されたものに構築することができます。

JavaScriptでスタイリッシュなホームページに!

ホームページをより緻密にカスタマイズするのであれば、JavaScriptというプログラミング言語が必要となります。JavaScriptで作成できる代表的な要素が、ポップアップウィンドウです。ホームページにやってきた人へポップアップでメッセージを伝えることができます。 また、ホームページに表示させる画像をスライド形式で動かすことも可能です。大手企業のホームページでも使われることの多い技術で、画像がスライドして切り替わることでスタイリッシュな印象を与えることができます。 もちろんJavaScriptがなくてもホームページは作れますが、一歩先に進んだWebページを目指したいのであれば、ぜひともマスターしておきたいところです。